~heart-of-the-door~

顔のトラブル

ご訪問ありがとうございます☆

今朝は何だか肌寒い朝です。
この年になって今更ですが、自分と向き合うところが増えてくるようになりました。

私はコンプレックスの塊みたいな人間でした。
一番最初に衝撃を受けた出来事。

『あんたの顔って、見てると本当に殴りたくなる』

中学生の時に、話したこともない別のクラスの女の子に廊下ですれ違った時に、急に言われた言葉です。
自分にとっては内心衝撃を受けていたのかもしれません。
でも、その頃の私は心が停止している状態で過ごしていたので、

『じゃあ、殴れば。』

とあっさりと返事をして、ぶん殴られたあげく、

『気が済んだか?』

と言って立ち去るという・・・・まさに、今の自分では到底できない対応をしているような中学生だったんですよね(笑)

それからというもの、徐々に顔にブツブツといったニキビができるようになり、
20歳の頃に急にアトピー性皮膚炎を発症。
主に、顔と頭皮、そして背中、足にアトピーを発症するようになりました。

自分でも、仕方ないや。
くらいで何十年も過ぎて今に至っております。
アラフォーになった今、そしてスピリチュアルを学びだしてる今。
自分自身を見つめていくにつれて、自分の顔のデコボコだったり、未だに赤ら顔だったり、あらゆる化粧水に反応して痛くて安易に化粧品がつけられないという女子としての辛さを味わう毎日です。

よくよく向き合ってみると、自分の顔なんてそんな価値のない・・・・

という前提が根底にあることを実感しました。
振り返ってみれば、その中学生の時の自分が人に言われてとっても悲しかったんでしょう。
未だに鏡で自分の顔を見ることをためらってしまう行動に繋がっているのです。

リズ・ブルボーさんの本によると、顔のトラブルに対する体からのメッセージとして、

「あなたは、他の人があなたのことをどう思うかという事を気にしすぎています。
そのために、あなたは自分自身であることができないのです。
自分自身に関してあなたが持っているあらゆる思い込みは、今ではもうあなたの役に立ちません。
メリットよりも、デメリットの方が多いのです。
あなたは、そろそろ『自分の本当の顔』を取り戻さなければなりません。
つまり、『自分自身になる』という事です」

という事だそうです。
なるほど・・・・

少し、自分の中の顔に関することを内観することにしました。
私には顔に関するトラウマが、結構ありました。
そのトラウマがずっとずっと自己否定につながっていたんですね(>_<) 自分の内面を見つめていくことと、そして実際に肉体に働きかけていくこと。 様々な側面から取り組んでいこうと思います。 完全にアトピー肌で今の肌の状態がとってもひどい!!! という方は、米のとぎ汁(2回目のとぎ汁)を筒状のタッパーに入れておいて冷蔵庫に冷やしておきます。 それをパッティングするのはとっても良かったのでオススメです☆ 冷蔵庫に入れておくことでお風呂上りの肌の鎮静にも役立ちますし、 お水よりも、とぎ汁の方がモチっとした肌になった感じがします。 それに、何より・・・・肌が若干白くなった感じがしますよ~♪ どんな化粧水も合わなくて顔が痛くて仕方がない! という時におススメです。 でも、皮膚科のクリニックに行かれるのも良いと思います。 私の場合は、そんなクリニックに行くお財布の余裕がございませんでした(笑) 自分でできて、そして継続してできる米のとぎ汁は、オススメです。 それでは今日も1日最善の1日となりますように。

*おしらせ*
5月キャンペーン❢
『メンテナンスワーク(完全遠隔)』
http://ameblo.jp/tukuyominoko/entry-12155105661.html

陰陽師大地のワーク
『制限を解除するワーク』
http://ameblo.jp/tukuyominoko/entry-12154576704.html

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>