~heart-of-the-door~

満月でしたね☆

おはようございます☆

昨日は満月でしたが、月光浴された方も多かったのではないでしょうか?

満月の昨日よりもその前日、一昨日の方が私にとっては影響が強く感じられました。
特に一昨日の方がグンとエネルギーが増して自分にとっては影響があった感じがしていたら、
首の調子が悪くなってしまいました(笑)
私にとって首は、いろんなセンサーを感知するようです。
そしてなかなかエネルギーを受け入れられないままでいると、肉体にも表れてきて首の調子が悪くなり、
天井を向けられなくなります(笑)

今までは、直接頸椎に痛みが表れていましたが、最近はエネルギーを受け入れられないときは、
左の首の近くの筋肉に影響が表れるようになってきました。
ですので、エネルギーの問題だと筋肉に、それ以外だと頸椎に影響が表れてくるようになってきています。
今回は、筋肉に影響が表れてきているので、おそらくエネルギー的な問題だと思います。
それでも、肉体に表れてきているため、スピリチュアルな視点だけでなく、
東洋・西洋医学もすべて取り入れていくことが、一番の近道ですので、また、多方面からの包括的なアプローチをして行こうと思います。

昨日は、自分と向き合うとっても大切な1日になりましたよ☆
自分の体と向き合うことは、やはり重要ですね。
自分の体の状態を1番に理解できる存在はただ1人、自分だけです☆

私は、他人のことはよくわかるのに、自分のことになると全くの無頓着になってしまうところがこれまで多々ありました(笑)
いやいや、、、そして未だに・・・・・・(T_T)
それでも、随分と自分のスピードですが変化はしていますよ(笑)
自分の体について目を向けるスピードが速くなりました☆

自分自身をないがしろにすることは、自分をないがしろにしているのではなく、自分を理解していない=自分を認めていないってことなんですよね。
自分自身を認められないっていうことは、自分自身を認められない、何かがあった・何かを経験して傷ついた、ということだと私は思います。

自分を認める=自分を愛する

同じなんだな~と最近ようやく府に落とす機会が増えてきました☆(ようやく最近(笑))

私は自分を認められない~(T_T)
って感じる方も、100%自分を認められない方はいないと思います。
今は1%しか自分を認めていないな~と感じている方でも、これから自分を認められるようになればいいだけです☆
私も100%自分を認めていく、100%愛していく道の真っただ中です☆(´ω`*)

それにはまずは、今の自分を知ることではないでしょうか?
今の自分を知るって・・・・❓

今の自分を受け入れるということです☆

今の自分を良し悪しで測ることではなく、『今の自分はこうなんだ』と受け入れる事ではないでしょうか(´ω`*)

今月31日までにお申し込みを募集しているメニューがいろいろありますので、是非、のぞいてみてくださいね☆

 

今月のおすすめメニュー

★7月27日『霊の癒し』シャーマニック無料&有料一斉ヒーリング開催
http://ameblo.jp/tukuyominoko/entry-12180095288.html

 

★お申し込み締め切りは7月31日までです!『チャクラバランスメールセッション』
http://heart-of-thedoor.namaste.jp/?page_id=2095

 

★7月キャンペーンワーク!『夏の車大浄化ワーク』
http://heart-of-thedoor.namaste.jp/?page_id=2043

 

★8月5日覚醒への歩み『めざめ』有料一斉ワーク開催
http://heart-of-thedoor.namaste.jp/?page_id=2102

 

★TAKAKOのレスキュー駆け込み場
http://heart-of-thedoor.namaste.jp/?page_id=821

 

★個人のカルマを解消『神官ワーク』
http://heart-of-thedoor.namaste.jp/?page_id=491

 

★『巫女ワーク』
http://heart-of-thedoor.namaste.jp/?page_id=330

 

★『霊障解消ワーク』
http://heart-of-thedoor.namaste.jp/?page_id=25

今日も1日最善の1日となりますように☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>