~heart-of-the-door~

自分の財産

おはようございます☆

今朝は7時前からお墓参りに行ってまいりました。
今自分が存在していられるのはやっぱりご先祖様たちが受け継いでくださったおかげなんだな・・・・
とふと思って感謝の気持ちが出てきました。
普段、自分のご先祖様達に対して深く思うことはないのですが、
お盆になるといろんな思いが表れてきますね☆

祖父も亡くなってもう2年も経ってしまっていることに驚きました。
亡くなったときは祖母も一時期認知症になってしまったり、大黒柱だった祖父がいなくなったこともあって、
母も脱力してしまっていたような記憶があります。

お墓参りの帰り、自分が住んでいる村の神社が気になって、立ち寄ってご挨拶させて頂きました。
本来ならば、自分の住んでいるところの氏神様のところにご挨拶してから自分の家のお墓参りをするのが通常の順番なのですが
逆の順序でごめんなさい

と謝ってからご挨拶させて頂きました(;´・ω・)

ご挨拶させて頂いた帰り、
『自分の財産』について少し考えていました。

私達人間はいろんな環境が人それぞれ選択した環境にいて、そしていろんなご縁を頂いて、
学んでいます。

その学んだ一つ一つがすべて財産なのですよね。

物質的な財産とは、買い取った土地だったり自宅やマンション、そしてお金や、文化財などです。
土地については、元々は地球のものなのですが

物質的とはいえ全てエネルギーです。
学んだ知識もエネルギーとして自分自身の叡智として活用できる財産です。
私自身、自分に財産なんて何もない・・・・って思ってました(笑)

でも、違うんだな・・・

と今朝気が付きました。
自分の価値観が低い事の表れなのだと、気が付きました(笑)
自分の価値を低くしているのは自分自身なのですよね。
そして低くする必要性はなく、それって単なる思い込みなのです。
自身を失ってしまうほどの傷ついた経験や失敗に伴う傷ついた経験が、知らない間に違った思い込みに発展してしまっているんです。

『自分なんて・・・・』

この言葉を発したことがある方はきっと気が付いていらっしゃるかもしれませんが、
この言葉のエネルギーはとても強力なエネルギーで波動の下降へと繋がっていきます。

自分なんて・・・と感じる方もそうでない方も、そもそもこの肉体自体が財産なんですよね☆
自分は大きな財産を今、得ているんだと気が付かれたのではないでしょうか❓

そんな単純なことなのですが、単純な当たり前のことをないがしろにしてしまっている。
このことがとってももったいない考え方なんだな。
と腑に落ちた朝でした。

自分自身を労っていますか❓
自分の価値を低くしていませんか❓
言葉のエネルギーを好転させていくことは今からでも可能です☆
まずはいつも自分がふいに発している言葉に注目してみて下さい☆

きっと、今の自分を作り上げている言葉が見つかると思います。

見つかれば、その言葉を変えてしばらくは意図的に発してみて下さい。
私は昔、自分なんて・・・とか、もう駄目だ・・・とかいう言葉ばかりを知らない間に発していました。

そこから『きっと大丈夫』という言葉を意図的に使うようになりました。
是非参考にしてみて下さい。
そのうち、『きっと大丈夫。だって私だから。』 『何だかわからないけれど、大丈夫だと思う。』
という言葉を発するようになります。

価値のない人なんていませんよね☆

今日も1日最善の1日となりますように☆

 

 

8月のおすすめワークお知らせ

 

☆夏季の大感謝祭☆『スタミナアップワーク』
http://heart-of-thedoor.namaste.jp/?page_id=2121

 

☆夏季の大感謝祭☆もっと人生を楽しむ!『☆わくわくワーク☆』
http://heart-of-thedoor.namaste.jp/?page_id=2198

 

『脳内整理をするための思考浄化ワーク☆』
http://heart-of-thedoor.namaste.jp/?page_id=2183

 

霊障解消ワーク(霊障解消コンサルテーション)
http://heart-of-thedoor.namaste.jp/?page_id=25
巫女ワーク(wings-of-angel版)
http://heart-of-thedoor.namaste.jp/?page_id=330

神官ワーク(wings-of-angel版)
http://heart-of-thedoor.namaste.jp/?page_id=491

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>