~heart-of-the-door~

「失敗」についての概念その①

何だか蒸し暑い1日の関西地方ですショボーン

夏の暑さは和らいできていますが、台風がいくつも近づいているためなのでしょうか、

湿度がやや高めですね。

朝と夜の寒暖の差が激しくなってきますので、どうぞご自愛ください。

 

9月23日は『霊の癒し』シャーマニックヒーリング無料一斉ヒーリングを開催させて頂きますので、是非、気になられた方はご確認ください照れ

 

さて、私は最近いろいろと考えることが増えてきているのですが、『失敗』について。

私は、ここ8年ほど、『絶対に失敗してはいけない』という脅迫観念にとらわれてきていました。

というのも、ナースになってからことあるごとにたたきつけてきた暗号とも捉えてもおかしくはないくらいに、この失敗に対して恐れを抱いていました。

 

失敗=人の死

 

職場ではこの概念だったからですね。

そんなこと当たり前なのですが、いつしかそれは仕事以外のこと、あらゆるもの全てに失敗は絶対に許されない・完璧にするべきなどの言葉に囚われていたんですね。

それが根付いて自分で自分にあらゆる制限をかけてきた結果、

自分は作り上げた制限に不自由さを感じていましたえーん

 

失敗=恐怖・恥

 

という自分への刷り込みがあるがゆえに、自分で制限をかけているにも関わらず、

苦しい感覚が持続している・・・あせるそんな感覚がずっとありました。

でも、ある本の中で、

 

成功者はどんな結果が出ても、『失敗した』とは思わない。

そもそも、失敗という概念が存在することを認めていない。

 

目から鱗でした。

これまで、なかなか囚われていて手放せなかったことを少しずつ手放していたのですが、

あと少しあせるという手放しがなかなか難しいと思い込んでいたんですよねウインク

おかげでただいま、私は概念を見直し中ですラブ

とっくに制限を外している方にとっては、きっと

 

『そうだよ。それがどうしたのはてなマーク

 

という話なんですよねウシシ

自分のかけた制限とは、自分の中で気が付かないうちに多方面に渡って制限をかけているんです。

 

失敗という概念はなく、ただ単なる結果だけである

 

自分がどんな制限をかけているのか、それを知るには、今あなたが何に苦痛を感じているのかをさぐる必要があります。

それでも、

 

制限なんてありすぎ~笑い泣き

 

という方は、今の時点でのあなたの魂が手放せる制限を一気に解除してしまう、

陰陽師大地のワーク『制限を解除するワーク』がお勧めですアップ

 

お受けいただいた方からは、

 

クローバーどれだけ自分が制限をかけているのか、わからないけれど、急に体が楽になった感覚がありました。そんなに自分がわかっている範囲以上のものがあったのかと思うくらいフッと楽になりました~ラブ

 

 

とご感想を頂いておりますニコニコ

 

このクライアント様は、このワークを受けたことで、自分を見つめていこうと思えるようになったそうです。

今解除できる制限を手放して、後ろを振り向かず、前を向いてゆけるようなワークです音譜

このパワフルなワークをお受け頂けて本当に嬉しいですキラキラ

このクライアント様が、もっともっとご自身らしい生き方を生きて頂けるようなワークをこれからもご提供したいなと思いますおねがい

 

%e9%80%b2%e3%82%80
 

一緒に、一歩一歩歩を進めていきましょう音譜

 

 

今日も1日最善の1日となりますようにキラキラ

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>