~heart-of-the-door~

自分の体に合うもの、合わないもの

今週はジメジメした感じが続きますねぼけー

 

何だか最近、ゴホゴホっと咳をされている方が増えているような感じがします。

皆さま、どうぞご自愛ください。

 

 

私は咳・・・ではなくここ最近強固な便秘に悩まされていましたえーん

 

今回の便秘はと~~~~~~~っても頑固者でした。

いろいろと向き合うところもあって、気が付けば9月が終わろうとしていました。

1か月もいろいろと自分の内面、そして自分の周りをできることをやっていたんです。

 

ある日、重いお腹を抱えていて、これはダメだ~と思い、病院で処方される強力な下剤を飲んでみました。

大体、翌日にはスッキリ!!となるところなんですが、今回は違っていました。

 

全く反応なし笑い泣き

ウソ~~~~~!!こんなの今までなかったのに!!

 

そこでその日は食事をやめて下剤を飲みました。更に翌朝・・・

 

本当にちょっとだけのお通じ・・・・笑い泣き

 

お腹が重たい・・・・

く・・・苦しい・・・

 

果物を食べながらいろいろ考えてたら・・・・

その果物・・・カビが・・・・おーっ!

 

こ・こ・これこそ大変なことになるんじゃないの!?叫び

 

と思いましたが、、、、、全く反応なし笑い泣き

 

そこで、これは、もっともっと内面なのだ!!とようやく気付きましたよ音譜

そうしたら、薬もいらず、徐々に毎日硬くてもご対面できるようになりましたアップ

すみませんあせる美しいはなしではないですあせる

 

私の場合は、やはり内面の問題が9割を占めているということを改めて自覚いたしましたよ汗

 

そしてさらに、、、

昨日ボ~っとしていたら、、、

 

『あの乳製品が合わないんだよ』

 

と心の声を聴いたような感覚でハッとしました音譜

 

私は以前からほとんどの乳製品にアレルギー様の感じが出ていました(血液検査では検出されていません)ので、一旦摂るのを休んでいました。

 

毎朝、腸に良いとされているドリンクを飲んでいたのですが、

どうも今の私の体には合わないんじゃないかという感じがしたのですねひらめき電球

 

そこで昨日から止めました。

 

今朝から『ありがとうございまーすアップ』というお通じに変わりました。

 

今まで自分に合っていた食事は、もしかしたら今日は・明日は・これからは合わないかもしれません。

 

それを見つけていくのは、やっぱり自分なんですよねキラキラ

 

そして何よりも、自分と向き合わなきゃ~あせる

本当にお腹が苦しかったですえーん

もう本当に自分と向き合っていかなきゃ・・・・苦しいことになりますねあせる

 

自分の体は、私に「気付いてよ~!!!!」って言ってるんですよね。

 

皆さまも、是非、体からのサインを見過ごさないで見つめる時間を取ってくださいね音譜

 

 

今日も1日最善の1日となりますようにラブラブ

 

 

 

 

ピンク薔薇お知らせですピンク薔薇

ベル9月30日締め切りですビックリマーク

9月キャンペーン『しがらみを断ち切るワーク』

http://ameblo.jp/tukuyominoko/entry-12186263991.html

ベル10月キャンペーン『もっと肩の力を抜いて生きるワーク』

http://ameblo.jp/tukuyominoko/entry-12202476999.html

ベル10月陰陽師☆Special Thanks Day☆

http://ameblo.jp/tukuyominoko/entry-12197695216.html

あと4名様募集ですビックリマーク

ベル10月2日大阪ワークショップお茶会

http://ameblo.jp/tukuyominoko/entry-12195744278.html

ベル10月27日陰陽師ワーク『あなたのお財布浄化』有料一斉ワーク開催します

http://ameblo.jp/tukuyominoko/entry-12204389394.html

 

 

 

 

クローバーホームページはこちらですクローバー

http://heart-of-thedoor.namaste.jp/

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>