~heart-of-the-door~

自己肯定を受容しきるには、自分にしかできない

今日は夜から雨模様な我が家の地域です雨

ふと昨日寝る前から決めていたことがありました。

 

『そうだ、断捨離しよう』

 

そう思って、翌朝起きて早速断捨離ましたよキラキラ

 

断捨離する時に、とってもお勧めすることは、

 

 

断捨離するものと対話すること

 

 

物には必ず、その時の自分のエネルギーが込められています。

そのエネルギーをまず感じてみて下さい。

 

きっとどんな方でも感じられます。

是非やってみて下さいね音譜

 

さて、私の今回の断捨離は・・・・

 

%e6%96%ad%e6%8d%a8%e9%9b%a2

 

 

集めてみると、いろんな思いが溢れてきますね。

その時に刻んだエネルギーがその時のまま、静かに残っていました。

 

実は、これでも随分と前に減らして減らして、ようやくこの量になった本たちです。

元々は、この量の2倍ありました(笑)笑い泣き

 

 

集めてみると、苦しかった思い出がドンドンでてきました。

 

『バカ野郎!!

『話にならん!!

『あんたに聞いても意味がない!!

『邪魔!!

『貴様ービックリマークなにやってんだビックリマークビックリマーク

 

そんなことを言われていた毎日を思い出します。

でも5年くらい経ったときに気が付いたことがありました。

 

全ては私のために、みんな怒ってくれていたんだということ。

 

当時は、本当にダメ!!ダメ!!と毎日言われすぎていて、自分の人間性までもを否定され続けていたように感じながら、とにかく毎日行かなければ。。。と出勤していたものです。

 

すっかり自信がなくなって、自分を否定する習慣がついたのもこの頃ですね。

恐怖が恐怖を呼んで、自分の中で増殖させてしまうあまり、

参考書を買い続けた毎日がありました。

 

 

 

今日、もう終了だな。

 

 

 

と感じたから、せっせとまとめて、この本たちにこれまで一緒に来てくれたことに感謝してさようならしました。

 

 

その頃の恐れには、もう捉われる必要はない。

 

ようやく私にも手放すことができました。

 

今日、そんな時、いつも支えて下さっているスーパーバイザーさんが、

言葉を下さいましたラブラブ

 

 

『自分を否定しないそんな自分も認めてあげるといいかも~キラキラ

 

本当にあったかいですねラブラブ

有難いですぐすん

そんな言葉も頂ける、今の自分は、やっぱりラッキーだなと感じます。

 

今までの自分だったら、もっと違ったと思います。

劣等感バリバリの、被害者のようなエネルギーで過ごしていたかもしれませんね(笑)笑い泣き

 

私にとって、やっぱりスピリチュアルの世界を学びだせて良かったと思います。

それにあの時の経験があったからこそ今、これからきっと自分に必要な要素が加わったと思います。

自分は自分なりにやるだけやった、ただそれだけのことです。

 

ただ、一つ言えることは、

 

 

これからは、ワクワクしない本は買わない(笑)ウシシ

 

もっとワクワクする本に出会って、楽しみたいと思いますラブラブ

 

今日も1日最善の1日となりますように音譜

 

 

 

 

花束お知らせ花束

ベルもうすぐ締め切りです!!奈良春日大社参拝ツアー旗

http://ameblo.jp/tukuyominoko/entry-12206532081.html

今日が締め切りです~ガーン

ベル10月キャンペーン!!

『もっと肩の力を抜いて生きるワーク』

http://ameblo.jp/tukuyominoko/entry-12202476999.html

 

 

ベルお申し込みは11月30日まで!!

『覚醒の扉ワーク』

http://ameblo.jp/tukuyominoko/entry-12208732177.html

 

 

ベル11月キャンペーン!!

『開放変容覚醒サポートワーク』

http://ameblo.jp/tukuyominoko/entry-12214341836.html

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>