~heart-of-the-door~

普通という超広範囲の概念

今日は花粉がとっても沢山飛んでいたのではないでしょうか。

私も今日は1日くしゃみと鼻水を繰り返していました。

さて、今日お会いした方が、

『私の血圧って低いんですよね?年齢相応ではないですよね?』

と話されました。

私は最初、???って思いました。

更に話を聞いてみると、その方の60代の年齢ってだいたいこんなくらいの血圧。というのをどこかで指標として見たようでした。

『でも、それって単なる60代というだけで、どんな疾患があるとかいう指標の対象は一定じゃなくないですか?』

そうはなすと、その方は不機嫌そうでした。

続けて話を進めていきました。

『確かに指標はあります。でもね、あなたの今の血圧を基本として、これから5年間自分がどのように血圧が変動していくのかを見ていかれるほうがずっと大事じゃないですか?もしも5年後、血圧がグンと上がった場合、「5年前と比べて今はこんなに血圧があがったの」という説明ができますし、そのほうがずっとわかりやすいです。』

そう話すと、あまり納得されていませんでした(笑)

その方の気質を拝見させて頂くと、周囲と比べて数値が優秀であるということにフォーカスしてほしそうでした。
でも、その方の話によると、その方の周囲のみんなは高血圧でとっても高い状態だから、私はとっても低いの。
という話をしたかったのだということがわかりましたが、私には良し悪しを考えていませんでした。
だから、ガッカリしたのかもしれませんね。

周囲と比べる必要性もなく、まして指標という枠組みに自分の数値があるから『普通』なんだという感覚にいる。
という概念を私は説明したかったんですね(笑)
今日も、言葉足らずで説明不足な私です。

人に自分の思うことを説明するって、本当に難しいですね。
もっと本を読まなきゃ~(T_T)
と思いました。

血圧とは、単に下げればいいものでもありません。
やはりそこは専門家に任せるとして、、、、
自分の位置がどの位置にあるのかということにフォーカスすることを、
もうそろそろその概念を手放す時代がやってきているのだと思います。

友人が以前明言を口にしていましたが、
『自分と比べるのは、過去の自分だよ』
あの時言ってくれた友人の言葉は、大きな私の学びになってます。

昨日のあなたと、今日のあなたはどのくらい学びを増やせていますか?

明日はどれくらい楽しみながら過ごせるでしょうか?

明日は、どれくらい自分を好きになれるでしょうか?

是非、明日の楽しみのための今を過ごして下さい☆

明日も1日最善の1日となりますように。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>