~heart-of-the-door~

視点を変えると新しい視点が見えてくる

今日も夏日でしたね笑い泣き

夏が苦手な私は、今日の暑さですでにテンションが下がり気味ですあせる

 

でも、今日は行かなきゃ~~~~あせる

自分で決めたことなのですがあせる

 

行ってきましたアップ

 

ここですダウン

 

 

 

大神神社ですラブラブ

自宅から近所なのに、朝起きたら行く気が失せてきているはてなマーク

くらいに体が鉛のようになって目が覚めました(笑)えーん

 

上の写真の真横に駐車場が少しあるのですが、ここはすぐに満車になってしまいますあせる

でも、暑くて、更に鉛のような体のだるさ・・・・

満車のプラカードを持っている警備員さんがたっているのにも関わらず、

駐車場に来てみたら、、、、、

 

目の前に駐車していた車がサササッと空きました(笑)ウシシ

どうもありがとう音譜音譜音譜

 

急に空いたので、駐車させて頂けましたアップ

今日はどうしても、大神神社にご挨拶にくる必要がありました。

体は鉛みたいに、なっていましたが、駐車させて頂けたことで、気分が上がってきました(笑)

単純な私デレデレ

 

まずはご挨拶させて頂くところをすべてご挨拶に行かせて頂きました。

 

 

今日は結婚式が何件か予定でしたラブラブ

神前挙式、いいですよねラブラブ

 

それから、もちろんなで兎さんを、『ありがとね~音譜』と言って、ひたすらなでて・・・

そこから少彦名神社や狭井神社などにご挨拶に行かせて頂きました。

 

今日は、山には登りませんでした。

 

いつもなら、八大竜王神社や貴船神社にもご挨拶に行かせて頂くのですが、

今回は、そこにはいかず、大神神社をゆっくりと感じながら歩いていました。

普段ならそのまま帰るところなのですが・・・

 

 

空をボ~ッと眺めていて振り返ったら・・・

 

ちょうど、門が開いたところでした。

 

『そういえば、大神神社の中のここにはいったことがないな・・・』

 

ということで、考古品を拝観させて頂きました~ラブラブ

 

入ってすぐ・・・・

まだ私しかいなかっただけだからだと思いますが・・・

 

これ・・・・生きているんじゃないの!?

と思ってしまうくらいの大きな狛犬が出迎えてくれました。

木でつくられた狛犬さん。

 

雰囲気的に、モッフモフな感じで(笑)

一人でまじまじと見てしまいました。

 

それから驚いたのが、、、、

 

『三面大黒像キラキラポーン

 

思わず『有難い有難い・・・・』と拝んでしまいました(笑)

なんて豊かな大黒様。三面大黒天なので、毘沙門天と弁財天が合わさった三面大黒天が、

静かにいらっしゃいましたよ~虹

機会があれば皆さんも三面大黒天に会いに行ってみて下さいね音譜

 

今まで、ここに入ったことがなかったので、今回は不思議だな~ラブラブ

と感じつつ、そして、今回こんな素晴らしい機会になったことに感謝でしたラブラブ

 

さて、帰ろうとして、元の鳥居をくぐり、駐車場に向かおうとしたその時!!!!

 

今まで気にしていなかった場所が目に写りましたアップ

そこに向かって歩いていくと、

 

 

誰もいない。。。

鳥居に近づくと、たちまち周辺が風が吹いてきました音譜

私の勝手な解釈なのですが、精霊たちやスピリット達なのか、山の中に入ったりすると

このような感覚になることがあります音譜

 

葉っぱがササッと落ちてきたリ、歌うように風が吹いたりしている感覚になりますアップ

早速ご挨拶させて頂きましたよ。

 

 

 

ご挨拶させて頂いた途端。

風が止んで、いつもの状態に戻ったと思って振り返ったら、

人が参拝に来ていましたニコ

 

何だか久しぶりに、新しい視点や自然界達との触れ合えている感覚キラキラ

日本神界の感覚キラキラ

 

変えるころには、朝の鉛の体がどこへやら(笑)

気分爽快になって、体も随分と軽くなって、ルンルンで帰宅となりました音譜

 

いつも同じ視点なのに、いつもと違う視点になることで、新たな気づきと発見に出遭えますよねラブラブ

 

これも、偶然にすぎませんが、毎日が実は発見の種がどこにでもあります。

その発見のスイッチを是非、探してみて下さいね音譜

 

それでは素敵な週末を音譜

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>