~heart-of-the-door~

怒りについて。

今日はいろいろと調べものやまとめものをしていました。

特に怒りという感情については、頭ではわかっているけれど、
それをしっかりと『学び』という事に繋げていくには、
私にとっては、違う作業をしなければ、頭に学びとして浸透してくれません(笑)

怒りを抱くということは、当然の感情。

人間の持っているあらゆる感情の一つだし、怒り程パワーを使うエネルギーはそのほかのエネルギーよりもはるかに上回っています。

だから、怒りは疲れるという感覚を持っている方も多いのではないかと思います。
また、怒りを抑えることを習慣化してしまっている方もいます。

怒りとは、相手に当たることではなく、その怒りを自身の中でまずは受容することから始まる。
ということについては、今ではいろんな本やSNSのサイトで説明されています。

受容って、一見簡単そうに感じるけれど、実際には難しかったりします。
私は、難しさを感じている一人です(笑)

話は脱線しましたが、

怒りとは、自分が期待している『こうあるべき』という願望や理想、
価値観が破られた時に生まれることが多い、

と書かれているのを今日読みましたが、確かにそれもありますよね。
でも、最近はそれだけではないのかもしれません。。。

自分自身が抱いた感情の怒りではなく、周囲の誰かが抱いた感情を自分が抱いた感情だと感じてしまう人もいるかもしれません。
私達人間は影響を与え、そして影響を受けながら存在しているので、
それを踏まえると影響力の強い人からの影響だったとすると、自分自身のその時の状態によって、
知らない間に自分自身の抱いた感情だと錯覚してしまいます。

私自身、そういった経験が過去に沢山ありました。
怒りという感情自体が特に悪いわけではありませんが、その怒りの扱い方を学ぶことが
私自身にとっては必要な時期だったと今では理解しています。

怒りがわいてきた時、

『これは自分自身の抱いた感情かどうか?』

というのを一旦自分を見つめるという事をやってみたりしました。

今、夏至に向かって随分と変化が激しくなってきていますし、
カルマの浮上が多く表れてきています。
そのため、体調を崩されていらっしゃる方が増えてきています。
まずは自分に対する時間の確保と健康がまずは大切だと思いますが、そんな時間がない方でも、

是非、深呼吸をしてみてください☆

深呼吸してみることで、怒りの感情を受容することも
肉体への休息も最前の方向に向かってゆくのではないかと思います。

明日も1日、最善の1日となりますように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>