~heart-of-the-door~

目線

今日は、とっても寒かったです雪の結晶

我が家では、またもや給湯器が凍結。

今日はかなり冷え込んだのか、午後になってもなかなか給湯器のお湯が出ませんでしたあせる

 

さて、今日の私はというと、最近通院を再開した歯医者に行ってまいりました。

今日はその歯医者での先生との会話でのこと。

 

目線を下げるか、もしくは下を向きながら1日100回深いため息をしてみる。

この習慣を毎日続けてみると、勝手に気分が落ち込み、更にはうつの症状へと発展していくそうですあせる

 

ため息を止めたとしても、普段からの目線を下にしていることで、自然とネガティブ思考になるんだそうです!!!!!!

 

 

先生:『だから、普段から目線を上にして、笑うことを続けていろビックリマーク

 

 

確かに、私は以前ナース1年目の時、そりゃあもう・・・毎日涙を流していました。

そんな毎日を送っている習慣を1年半続けていたことで、いつも目線を下げる癖ができてしまっていたのです叫び

 

でもナース3年目の時、ふと笑っていない自分に気が付きました。

 

 

『私、いつから笑ってないんだろう!?

 

 

そんなことも気が付かないくらい、口角が動く事もなく過ごしている自分にハッと気が付きました。

その時、私がとった行動は・・・・

 

 

「ダウンタウンさんのガキの使いやあらへんで」

 

のDVDを片っ端からレンタルしたことです(笑)

自分の周囲を探しても、何も笑えるものが見つからなかったんですよね。

 

でも、そのDVDを見続けて、そして笑い続けたら、

翌日から、何かが吹っ切れて、むしろ気がみなぎってきていました音譜

 

 

笑顔になる習慣

目線を上げる習慣

 

 

日頃の習慣の中で、意識して少し追加してみると、徐々に変化が表れてきますので、オススメですアップ

 

逆に今、笑えない時。

 

そんな時は、どっぷりとその状態を味わってみる事が大事なんです。

 

どっぷりと味わった先に、進んでいくことができます。

 

どんなことでもどっぷりと味わうことをだめだと決める必要はなく、感じてみることが良いと思います。

 

 

 

 

明日も1日心に太陽を晴れ

宇宙の祝福が降り注ぎますようにキラキラ

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>