~heart-of-the-door~

 統合の時代

とっても暑い日差しの1日ですが、バテていませんか?

朝晩はまだまだ肌寒いですが、日中のこの暑さ・・・・

 

もうすぐ毎年恒例のこんな姿を見る季節も近いですね(笑)

 

 

皆さん、熱中症にはお気を付けくださいニコ

 

 

さて、今月おすすめの『チャクラリーディングセッション』、5月31日まで募集をしていますのでご案内ページを見て頂けると嬉しいです!

 

今月ご案内させて頂いている、チャクラリーディング。

とっても学びの深い機会を皆さまから頂いております。

 

 

お申し込み下さった皆様。

本当にありがとうございます!

感謝の気持ちでいっぱいです。

 

 

今回のチャクラリーディングは、反省点や課題点も山のように出てきていますあせる

自分の勉強もまだまだ深めていく点がありますし、リーディングについてももっともっと学んでいきたいと思います。

足りない点は多々ありますが、そんな機会を頂けたのもお申し込みをして下さった皆様のおかげです。

本当にありがとうございますm(__)m

 

 

そして、『スターシード覚醒へと進むワーク』は、ワークさせて頂く時にプレアデスの神官のサポートが入ってワークをしていきますので、とてもパワフルなワークになります。

ワークの時に、きっと今まで感じた事のないエネルギーを感じて頂けると思います。

こちらのワークは、スターシードの魂の方にはピンとくる方や、逆に抵抗感が表れる方など、何かしらその方によって気になられると思います。

 

自分自身がスターシードかどうか、わかってないし・・・・

 

という事が気になっていらっしゃるのであれば、

 

あなたはスターシードの魂を持っているからこそ、自分自身がスターシードかどうかわからないと感じること自体が、魂が何らかの反応を示しているということなんです。

 

こちらのワークも是非どうぞよろしくお願いしますラブラブ

 

 

 

さてさて、今まさにアセンションという変化の波の中に私達はいるのですが、今までは分離の時代だったので相手と私という区別というものが生じることが当たり前の世界でした。

 

それが今は180度変わって、今度は「統合の時代」に向かって進んでいます。

 

昨日読んだ本の中にも、分離の世界から統合の世界について意見を述べていらっしゃる本がありました。

その意見によると

 

 

 

「今までのやり方では、なぜなかなか進めなかったかと言うと、光の速度で、中ではなく逆方向に進んでいた。

それが分離の時代であり、これからは統合の時代で、中心が何だったかという事を思い出さないと、いつまでたっても、同じところを漂う事になってしまう」

 

 

 

統合と聞くと、とっても難しいですよね。

私は最初、???が沢山ありました。

 

それにね、

自他の愛を学ぶ

ということにも抵抗がありました。

 

私にとっては、自分を愛することが、とーーーーーーっても苦しかったからです(笑)

 

苦しくて自分のいろんな側面を受容していくって、本当に苦しくて仕方がなかったです。

 

この「苦しいと感じている自分」の中に、隠されている要因が山のようにあります(笑)

山のようにあるなんて、本当に嫌ですよね。

私は嫌で嫌で仕方がありませんでしたよ(笑)

 

 

 

 

自分のあらゆる側面を統合していく事が1日で完了できるものがあるのならそれをして、さっさと帰りたい(どこに?)

と何度も思ったものです(笑)

 

でも、少しずつスピリチュアルを学んでゆくにつれ、絶賛自己否定人間の塊のような私が

 

人はいろんな過程を体験し学んでいるためにここにいる

そして、どんな自分がいたってそれがダメというわけじゃない

 

 

と感じるようになりました。

相変わらずお堅い文章ですね(笑)

 

いつだって、変わってゆくことは自由なんです。

変ってゆくことにスピードも比較も必要ないです。

自分が変化していくことは、誰もが持つ権利です。

 

そして、個人にあった変化のスピードや出来事、学びが必ずあります。

 

少しずつでも変化してゆくことを、受容していけたらいいですよね。

 

 

 

今日も1日心に太陽を晴れ

宇宙の祝福が降り注ぎますようにキラキラ

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>