~heart-of-the-door~

10年

今日は、『劇場版 コードブルー』を観てきました。

 

感動。

コードブルーのドラマが始まって、もう10年になるのですね。

 

 

コードブルーのドラマがスタートした年、

実は私も就職1年目でした。

 

 

就職したと言っても、再就職です。

ちょうど国家試験をパスして、病院に就職した年でした。

 

 

毎日失敗して、怒られて、不安で、

泣かなかった日はほとんどないくらいの毎日でした(笑)

私は、本当に仕事ができない人間で、

人間自体にも馴染めなくて

 

 

毎日インシデント報告書を2~3個書いて。

「インシデント王」なんて呼ばれたり(笑)

 

悔しくて、悲しくて、泣いても「うるさい」「邪魔」と言われるのがオチなので、

ゴミ置き場のゴミの中でワンワン泣いて過ごしていた時、

 

そんな時、ドラマ「コードブルー」がスタートしました。

 

 

初めての夜勤デビューで、いきなり急変した患者さんを震えながら対応したり、

自分がミスするんじゃないかと思うと恐ろしくて、吐きながら仕事したり(笑)

研修医のドクターに舌打ちされたり(笑)

寝る暇がなくて帰宅途中の道路でうたた寝してしまったり(笑)

 

 

あのドラマは、私自身にとっても感慨深いです。

ドラマを見るたびに、

 

「あぁ、自分もとにかく逃げないように、とにかく今日を頑張ろう」

 

そう、思ったものです。

 

 

 

今回の劇場版の映画を観ながら、

私自身の中で、何だか一区切りの感覚になりました。

 

 

 

結局私は、熱血ナースにはなれませんでした(笑)

それにナースを一旦離れたりしたし、

大きな病気やケガに見舞われて、体の身動きがとれなくて天井を見て過ごす日もありました。

 

 

でも、若い頃逃げ癖のあった私が、

絶対に逃げられない状況に何度も立たされたりするうちに、

逃げない自分になったと思います。

 

 

 

社会環境で、一切馴染むことができない私が、

人間関係でストレスフリーな職場に身を置けるような自分に変化しました。

 

 

 

かつて、いじめられっこで育って社会人になってもいじめられていた私が、

そんな環境と無縁な自分に変化しました。

 

 

 

人と接するのが息苦しいとさえ思っていた私が、

人と接する事に対して、それを問題と捉えなくなった自分に変化しました。

 

 

 

本当に振り返ってみるといろんなことがあったな。

なんて思いながら、自分を見つめていました。

 

 

 

きっと誰もがそれぞれを振り返ってみると、

毎日進んできた、自分の何かに気づくと思います。

 

 

 

 

もうすぐ8月。

 

 

私の中で今年の8月は何かの風向きが変わりそうな気がしています。

 

 

 

 

今日も1日心に太陽を晴れ

宇宙の祝福が降り注ぎますようにキラキラ

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>