~heart-of-the-door~

M31.

●年末年始のお休み●
2018年12月30日~2019年1月4日までお休みさせて頂きます。
2019年もどうぞよろしくお願い致しますm(__)m

 

 

ご縁を頂いた皆さま。

ブログにお越し下さりありがとうございます!

 

 

今日が12月31日だなんて、

全くもって感覚がありませんでした(笑)

 

バタバタ×100。

まさにバタバタな毎日を過ごしています。

おかげでテレビを見なくなりました。

(でも、今日はガキ使観るよ!)

 

 

皆さんにとって2018年は、どのような1年でしたかはてなマーク

 

 

私はというと、テーマは『土台』です。

土台とは、揺れ揺れ・ブレブレな私自身について。

まずは、土台造りの1年と決めて動いてきました。

(いや、実際は大きく動いていないかも(笑))

 

 

土台・・・・土台・・・・土台・・・・(一_一)

 

繰り返しそれを模索。

 

2019年のテーマは、『基礎・基盤』です音譜

 

え?変わりないんじゃ・・・?

いえいえ、私の中では意味が違うんです。

 

 

そんな、テーマだけは決めたんです。

取りあえずね。

 

 

昨日眠りについたら、また多次元世界(一応夢の中)に行って色々やってました。

 

目が覚めたら、疲れがドッと出ますよね(笑)

スピリチュアルあるあるです。

 

 

多次元での世界(一応夢の中ね)で、魔法相とヒューマノイド型の宇宙人とのやり取りの揉め事に

巻き込まれてました。

(多次元でもバンダリ不足が目立ってました(笑)( ;∀;))

 

 

で、いろいろ自分の能力がぎゅーん!!と、何かのワークをしてました(笑)

自分で『ふーん。そうなのか』と呟いたら、

目が覚めて、現社会に戻ってきました。

 

 

ふーん。って一体何がふーんだよ!?

何だったのか。

さっぱりわかりませんが。

 

 

それで、目が覚めてから顔をいつものように洗って、

自分の顔を見たら・・・・

 

 

いや、私こんな外国人のような方ではありませんが、

こんなくらい、びっくりしました(笑)

 

 

自分自身のエネルギーが変わっている事に気が付きました。

私は、普段、エネルギーが変わったなんて、

気付くような敏感な人間では決してありません(笑)

 

 

一言で言うと、、、、

更に更に、宇宙人化してしまったような気がします(笑)

漠然にただそう思っただけです。

 

 

 

そうしたら、M31が妙に気になりだしました。

 

M:31(ミッションインポッシブル)

 

ではない(笑)ゲラゲラ

 

 

M31とは、アンドロメダ銀河

です。

ウィキペディアをサラサラ~っと見ていたら、

 

 

なんと、、、右の首がつりました(笑)笑い泣き

 

 

 

だから、しばらくアンドロメダ銀河から意識を外すこととして、

次回、スーパーバイザーさんに伺おうと思います(笑)

 

そんな年末の朝でしたが。

 

 

2018年。

私とご縁を結んで下さったクライアント様。

 

そして、ご縁を下さりブログに立ち寄って下さった皆様。

1年間。本当にありがとうございましたm(__)m

 

感謝の思い出いっぱいです。

本当にありがとうございます。

 

 

 

来年も1年宇宙の祝福が降り注ぎますように!!

そして、毎日、心に太陽が広がりますように。

 

 

2019年もどうぞよろしくお願いお願い申し上げます。

 

 

ご縁に心からの愛と感謝を込めて

~heart-of-the-door~

 

 

 

 

 

 

 

***営業時間***

 

<通話セッション>

月・木:14:00~22:00

火・水・金:17:00~22:00

土・日:9:00~22:00

 

*遠隔ワークは上記以外の時間帯でも対応させて頂いております。

*メールでのお問い合わせ等につきましては、お送りいただいてから3日以内にご返信をさせて頂いております。

*3日たっても返信がない場合はお手数ですが、受信設定をご確認の上再度ご連絡下さい。

 

ベルお申し込み・お問い合わせはこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>