~heart-of-the-door~

今日が最後を感じてみると見えてくること

今朝は本当に寒かったです(>_<)
体調を崩された方も多かったのではないでしょうか。

 

体の冷えはとても大敵です。
温かいものを摂って疲れた体を癒してあげて下さい☆

 

 

ここ最近感じる事があるのですが、
今日はそんな話です。

 

実は、私は今の職場を退職願いの方向性を申し出ていたんです。

 

 

昨年の6月にね(笑)。

 

 

それが、なんでか?
何がどうなったのか?

 

 

今もいる(笑)( ̄▽ ̄)

 

 

職場環境が悪いわけじゃない。
クリアする課題は少しずつ乗り越えてゆくように
取り組んできました。

 

 

でも、一時期、本当にもう駄目だ。

 

そんな風に感じる事が多くなりました。
体調をガッツリ崩してしまったのです。

 

自分のキャパシティって、実はめちゃくちゃ狭いんだという事を、
その時にようやく実感した時だったのです。

 

救急車に乗って、天井を見ながら
あぁ、自分ってなんて情けないんだ。

 

とか、

 

何でもっと頑張れなかったんだ。

 

とか、

 

あ、でも、明日は休日だからだれにも迷惑かからないからよかった。

 

とか、

いろんな事をボーっと感じていました。

 

 

そうしたら、
自分の中で、

 

「もう、いいんじゃないのか。」

 

そんな思いが出てきました。
そんな思いですら自分で自分に蓋をしていたことにようやく気が付いたのですよね。

 

もういいんじゃないのか。
頑張りすぎなくても、自分のキャパが狭くっても

いいんじゃないのか。

 

自分がやりたいことに不安を抱えて、

自分なんていう人間には到底できないんじゃないかって思っていたことにこれから向かっていっても

 

いいんじゃないのか。

 

 

そう感じるようになりました。
そうしたら、ようやく体が緩んでいくのを感じました。

 

体が緩むのを感じたら、気持ちが楽になったんです。

 

そこから退職の方向に話を進めていきました。
新しくスタッフも入ってきて、上手く仕事が回りだしたら、、、

 

私もそろそろ終了なんだなと、思っていたら、
状況が一変し、
今は終了できない緊急な出来事が起こってしまいました。

 

今思えば私自身が、終了後のことについてふと心配になる事が出てきたことで
何らかの現状況を引き寄せたのかもしれません
(全てがそうではないと思いますが)

そんなこと気にせずに、終了すればいいじゃないか。
今までの職場ならそう思うこともできたんですが、
今の職場は、そうは思わなかったんです。

 

だって、誰かが嫌で辞めるわけではない。
何かが問題だからというのではなくて、

ただ、私はもうここではないと感じたからなんです。

 

で、一旦現在は保留になっております(笑)

 

そんないろんな大事件が起こったりしていたのですが、
最近、ふと考えるようになりました。

 

『今日が、終了の日だったとしたら・・・・?』

 

あぁ、もうそれは沢山の感謝でしかない。

私を成長させてくれる現場であったこと。
これは、感謝でしかないんだなぁ。

 
と肌で感じるようになりました。

 

その日から、毎日ふと時間ができた時に1~2分くらいの余裕な時間がある時に

 

今日で終了になるんだ~(´ω`*)

 

って感じる毎日をやっております(笑)

 

そうしたら、何だか気分が良い(笑)
そして終了した後を感じるだけでワクワクする(笑)

 

 

本当に私は単純な人間なのだと思ってしまいます。

 

 

でも、もしあなたも今の職場が今日で終了になったとしたら・・・・

 

あなたは、不安を抱きますか?
怒りが出てきますか?
嬉しいですか?
嬉しいと一旦思ってから、恐れが出てきますか?

 

 

いろんな感じ方が溢れてくると思います。

 

 

私は実際にいろんな感じ方が溢れてきました。
是非、その感じ方を存分に味わってみてほしいなと思います。

 

 

それを十分に感じたら、本当にしたい事が発見できるかもしれません。
十分に感じたら、今いる職場でもっとあなたらしいやり方が発揮されてくるかもしれません。
十分に感じたら、あらたなアイデアが浮かぶかもしれません。

 

今一番やりたいことが見つかるかもしれません。

 

 

明日も1日心に太陽を☆
宇宙の祝福が降り注ぎますように♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>