~heart-of-the-door~

人間関係での気づきと癒し

今まであまり交友関係が広い私ではないので、

ほとんど嫌いな人が私にはいません。

というよりも、苦手な人って無意識に交友が薄くなっていくものです。

 

それでも職場においてはなかなかそうはいきませんよね。

 

私は小さい頃から人間関係について、いろいろ悩むことが多々ありました。

 

 

いじめられる方も悪いんじゃないか。

 

確かに、という事もあるかもしれません。

でも、話したことのない同級生から急に平手打ちしてきた人もいました(笑)

 

何で????今叩くのだ????

 

という疑問だらけで、私は理解に苦しむこともありました。

 

本当に世の中にはいろんな人がいます。

 

 

社会人になってからも、いろんな人と職場の環境を経験してきて、

 

無視される。

 

という事を多く経験してきた私にとって、

人生が徐々に変化してきたのは、

wings-of-angelのkanakoさんのワークショップに出会ってからです。

 

 

そこから創造療法や箱庭療法などを経験して、

いつも勇気と元気をくれる仲間にも出会いました。

今もまだまだ絶賛変化中ですニコニコ

 

 

今まで嫌われて過ごしている事が多かった私にとって、

今では真逆の生活をしています。

 

もちろん今も私の事を嫌っている人は沢山います。

 

 

でも、それに対して今までは、嫌われないように必死に過ごしていたことがありました。

 

 

嫌われてしまっては、この社会で上手く生きていけないから

嫌われてはいけない。

 

嫌われないように、とにかく努力をしなければ。

そうしなければこの社会で生きていけなくなってしまう。

 

もっと嫌われないようにしなきゃ、、、、、、

 

 

 

過去からの嫌われた時に受けた経験のトラウマが私をそうさせるのです。

自分で自分を必死にコントロールしようと頑張るんです。

度を越えると、どうにかして相手が私を嫌わないように頑張りだすんです。

そう、相手までもコントロールしようと一生懸命になるのです。

実際は相手をコントロールするなんて完全に不可能ですし、そんな失礼なことはないですよね。

 

 

私が私をコントロールしていたのは、まぎれもなく

 

 

怒りと恐れ

 

 

なんだと思います。

 

 

その側面を、少しずつ少しずつ癒して、

少しずつ少しずつ自分を満たしてきました。

 

 

ようやく最近になって、本当に癒しの重要性を深く理解するようになってきました。

 

 

癒しとは全ての人に必要なんです。

 

 

 

私は今まで嫌いな人を嫌いであるとことを

感じてはだめなんだって、自分で勝手に思い込んでいたのです。

 

ヒーリングワークを行ってくると、徐々に気づきが増えてきました。

そこで私が気づいたのは、

 

 

嫌いは嫌いでいい

 

 

という自分の思いを蓋していた私がいることを無視している私がいる。

 

 

 

沢山の人がこ自分の中には嫌いと捉えている事があるのだという事に気が付いているし、

そしてそれを受け入れているのです。

 

私自身も頭の中では理解していたのです。

 

だって、食べ物の好き嫌いは許されて人の好き嫌いは許されないなんて変ですからね(笑)

 

 

でも、この理解を腑に落ちるレベルの理解になるには、

自分のタイミングというのがやっぱりあります。

 

私の場合は、やはり自分を受け入れて気づきやすくなるために

有効なヒーリングワークが必要なのだということでした。

 

 

気付きが起こると、一瞬にして

自分の中でハートが温かくなってゆくのを感じました。

ハートがどんどん拡大してゆくのを感じられるのです。

 

 

気付きという事について、自分にとっては何が一番の最善な手段なのかは

その人にしかわかりません。

 

 

そして、その手段がすぐに見つかるのか、

いろいろやってみてから見つかるのかも、

その人にしかわかりません。

なんじゃそりゃ?!

って言いたいですよね(笑)

 

でも、それが自分という貴重な存在の証なのだと私は思っています。

 

自分で自分の最善の方法を決められるからこそ

自分らしいって思えるのだと思います。

 

 

 

自分らしい!って感じられることがあったなら、

 

それはきっと

 

今あなたは、また1つ自分を満たした証拠。

 

 

 

 

明日も1日心に太陽を

宇宙の祝福が降り注ぎますように

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>