~heart-of-the-door~

「結果」という捉われ

ベル5月26日に開催させて頂く一斉ワークは

『イライラの元を解き放つ!黒龍の一斉ワーク』

5月23日に締め切らせて頂きます。

 

 

お申し込み下さいました皆さま、お申し込み下さって本当にありがとうございます。

5月26日は、一気に解き放って頂けるよう頑張りたいと思います!

 

 

 

 

さて、先日また自分にとって大きな気づきが起こった話です。

 

 

私って結構?かなり?

0か!100か!

 

みたいなところがあります。

自分がそんな性質なもんだから、

 

 

30歳になった時の職場の先輩達は、最強に怖くて0か100かでしかない人しかいませんでした(笑)

 

これぞ大いなる引き寄せ~ウシシ

なのでしょうが、なんせ超絶怖すぎて、毎日本当に地獄のようでした(笑)

 

 

先輩達の言うには、

 

 

『100%、確実にミスなくできるのならば、やっていいけど、その確実にできるっていうのがなければ、何もしないで(見ておけ、じっとしてろ)!!!!』

 

 

今、こんなこと言ったらパワハラで訴えられちゃいますよね(笑)

 

まあ、そんな時代真っただ中でした。

そんなことで、私も真に受けて

 

 

 

「100%できませんのでやりません真顔

 

 

 

と返事したら、また怒られる。

を繰り返していました(笑)

 

 

 

「おまえ本当にやる気があるのか!!!パンチ!

 

 

と言われるような、先輩を逆上させてしまう私でした。

 

 

 

本当にどっちをすればいいんだか・・・・・_| ̄|○

当時の私は全くわからなかったんです。

 

 

先輩の思いがよく理解していなかったんでしょうが、

あまりにも怒られすぎて、理解する余裕がなかったんでしょうねほっこり

 

 

その環境は、月日を追うごとに更に私をガチガチな自分にさせてくれました。

 

 

 

100%の正解はどっちなのか。真顔

どうすれば一番良かったのか。真顔

確実にできているのか。真顔

 

 

 

 

そんな事ばかりに捉われてしまっていました。

 

 

 

そこから随分と月日が経った今。

随分と手放してきていいますが、まだまだですね(笑)あせる

 

 

自分で不自由さや窮屈さを感じている側面が

まだ奥底に残っていることから解放されたいという

 

 

内側の私からの声が浮上してきていました。

 

 

 

人間である私の頭の中では

 

 

 

 

「え?私、今ではこんなにいい加減な人間になっているのに?」

「まだそんな窮屈な部分があったの???

 

 

 

どうやら私は、

 

 

0か100かではない私から

グレーでも良いじゃないと言える私にならなきゃいけない!

 

 

って、またまた新たな自分で窮屈にさせてしまっていました。

 

 

 

 

 

本当は、どっちもありなんですよね。

0でも100でも、グレーでも。

 

 

 

 

 

 

ただ、この考え方や捉え方って

結果に意識を向けちゃっているってことなんです。

 

 

 

 

 

 

ここ数日の私は、

 

 

 

 

もしかしたら

100%できないかもしれなくても、

でも、やってみたいんだよ。

やってみたい欲求の方が大きいんだよ。

 

 

 

 

 

この捉え方に変わってきています。

 

結果という捉われから、少し変わったかもラブラブ

 

 

 

 

 

 

明日も1日心に太陽を晴れ

宇宙の祝福が降り注ぎますようにキラキラ

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>