斎縁堂

念と感情

人にはそれぞれ沢山の能力を持っています。

 

私は小さい頃から、人の感情についてとても敏感にキャッチすることが多かったです。
それを自分の性質なのであるということは、スピリチュアルを学び始めてもピンときていませんでした。

 

でもスピリチュアルを勉強しだして、自分にとって何度も何度も・・・・
封印が現れたは解除をしてもらう・・・・
を繰り返しているうちに、自分自身には、人間の持つ『感情や念』についてとても敏感にキャッチするという性質なのであるということを徐々に理解するようになったのです。

 

元々、私も人間だけれど、人間が嫌い!
という思いで生きてきましたので、人の感情や念については、

 

とにかく関わりたくない!!!

 

という思いが強くありました(笑)

今は大切に扱っております(⋈◍>◡<◍)。✧♡
人の感情や念についてのトラウマが大きいものであるということなのですが、
人とあまり関わることすらトラウマが強かったもので、そんな性質が何の役にも立たない。

 

嫌気さえ抱いてしまっていた私は、そんな性質についても知らず知らずのうちに蓋をしていました。

 

それが急に変化したのは、私がカリスマシャーマンに覚醒させて頂くという機会が訪れた時です。

 

それまでは、カリスマシャーマンというのは、本当に凄いワークをしているワーカーさんが多いので、自分とは無縁と感じながらも、自分自身の奥底では求めている。
という相反する自分の中での抵抗がありました。

 

カリスマシャーマンに覚醒する機会が来たのは、本当に突如起こったのです。

 

頸椎を損傷し、ほぼ寝たきり状態、母に更衣や食事の介助をしてもらわないといけないほどでした。
頚髄までは損傷していませんでしたが、リハビリは2年にも及びました。

 

そんな時に、急にカリスマシャーマンに覚醒させて頂きました。

 

霊的に見れば、急でも何でもなく、「タイミングがきた」というだけのことなのでしょうが、この地球に存在している私自身では急展開そのものでした(笑)

 

カリスマシャーマンに覚醒させて頂いてから、自分自身の持つ性質が徐々に開花されていったのです。

 

人の感情を読み取る性質や人間の持つ念を断ち切るような性質。

 

最初は、自分では納得いかずでした(頑固者でしょ?(笑))

 

ここ最近になって、ようやく納得し理解し受容したのですよ。(;´∀`)

(実に4年かかりました(笑))

 

今回、陰陽師Special Thanks Dayの一斉ワークでも追加してワークを行わせて頂きますが、シャーマニックワークでは更に霊障解消ワークは深く行ってゆけるようになりました。

 

人の念とは、心配する気持ちでも念と化してしまう事があります。
そして、念とは、本人は念を作り出している事について、実に無意識なのです。

 

そう。自覚がないのです。

 

だから念とは断ち切る事が必要であると私は思っています。

 

念とは、かなり複雑に絡み合いながら、その人に巻き付き、そして自分自身ではなかなかほどけません。
また、念とは相手からの念だけではないのですよ。

 

まさに、ここがとても大切なのですが、自分で自分にかけてしまっていることだってあるのです。

 

いずれにしても、念とは感情と密接に関係しています。

 

そして、生きているかのごとく、力強いエネルギーを持っています。
だからこそ、一旦断ち切ってリセットさせることが重要であると私は思います。

 

色メガネを一旦透明メガネに変えるかの如くリセット。

念や感情は、良いわけでもなく悪いわけでもないものです。

 

それらは全て自分。

 

たとえ相手からのものだったとしても、自分自身が何らかの魂の成長のために引き付けているものだと捉える方がよいと感じています。

 

一旦リセットされると、意識がクリアになるので、そこでようやく自分に必要な事に気付くのです。

 

そのためには、リセットするための解消と癒しのワークが必要不可欠です☆
今回の陰陽師の一斉ワークは、癒しのワークは勿論含めていますので、よりあなたが幸せに進まれますよう精一杯ワークを行わせて頂きます!

 

 

今日も1日心に太陽を♪
宇宙の祝福が降り注ぎますように☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>