~heart-of-the-door~

友人という概念

皆様、こんばんは。

今日の関西地区は、一時、滝のような雨が降っておりました。
明日も雨のようです。
明日は満月なのに・・・・見ることができないかもしれませんね。

今日、読んでいた本の中に書かれていた言葉がとっても共感できたので、
その文章をご紹介します。

『友人というものは、私達が変わっていくのをひどく嫌がるものなのである。
話しているうちに私達が何か新しいことを始め、よりよい地歩を築いていることがわかると、何かと口をさしはさむようになるのである。
むろん本当の友人であればそんなことはしない。
本当の友人とは、私達が成功することを羨ましく思ったりせず、自分の事の様に心から喜んでくれる人達のことである。』

自分にとって友人とは?
と聞かれると、きっと人それぞれによって固定概念が違うと思います。

『友人とはうそをつかない事』という方もいらっしゃるかもしれません。
『友人とは、一緒にいて楽しくて黙っていても苦じゃない人』という方もいらっしゃるでしょう。

その様々な概念の基本的な部分は、友人とは『相手を賞賛できること』これが大切なように私は思います。

もとろん、この本の文章の中にある自分が変わることを嫌がる相手、というのは単なる自分とは関係のない相手というのではなく、
潜在意識からの表れた自分の一部が投影されただけかもしれません。

いずれにしても相手を心から賞賛することができる人は、その人にとって友人と言えると思います。

皆様にとって素敵な週末になりますように☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>