~heart-of-the-door~

勾玉ヒーリング

***『勾玉ヒーリング』***

緑 勾玉

***勾玉ヒーリングについて***

wings-of-angelのkanakoさんがエーマヒーリングを開催されました。
その後、チームソフィアでミーティングをしていた時に日本神界の存在が現れ、各ワーカーさんにそれぞれ叡智を受け取るという、不思議な出来事がありました。

私はスサノオノミコトからヒーリングを頂きました。
受け取った時の私のイメージとして、勾玉の形のイメージを感じましたので、『勾玉ヒーリング』と名付けさせて頂きました。
その後、スーパーバイザーさんに指導・調整をして頂いてこのヒーリングが出来上がりました。

 

気付きについて

気付きとは、本来のあなたの魂へと覚醒してゆく一番大切なことです。

地球のアセンションが、私達人間にとって気付きがどうして必要なの?

と疑問に思う方もおられるかもしれません。

過去世より今世に渡って、私達の魂は様々な経験をしてきました。
経験をすると共に、トラウマを抱えたり、カルマや封印を作ったり・・・数えきれないほどの経験をしています。
それほど私達、一つ一つの魂は、尊いものであると言えますね☆

これまで沢山抱えてきたものを、今度は解放していくことによって本来の魂に気付いて魂の願う生き方へと方向を変えていくことを、ここでは『覚醒』と呼びます。

2012年より地球がアセンション(次元上昇)してから、今もなおアセンションし続けています。
地球の影響を受けている私達にも、アセンションしていくことへのサインは日常に溢れています。

自分自身の本来の魂が願う生き方を生きていくには、これまで抱えてきたものを一つ一つ解放していくことが大切です。
自分の本来の魂が願う生き方というのは、自分らしい生き方を生きることに繋がります。

これまで抱えてきたものを一つ一つ解放していくために必要となるもの、それが気付きです☆
そしてそれに対して今、様々な側面からサポートをするために沢山のワーカーが存在しています。

自分はもっと何かしたいことがあるのではないか?
自分はもしかすると、違う事をしたかったのではないか?

このような思いが現れることはありますか?
その思いが、重要な気付きの一つです☆

自分の感情などを抑圧して、またトラウマやカルマなどによって自分に意識を向けることが今は難しくても、
一つ一つ解放していくことで、自分に意識を向けてゆくことができるようになります。
自分に意識を向けてゆくことで更に気付きが増え、自分らしい生き方へと繋がってゆきます☆

 

勾玉ヒーリングについて

今、地球の次元の上昇に伴って自分の本来の魂に気づいてゆくことが重要になっていますが、 この勾玉ヒーリングは必要な癒しを与えてゆくことで気付きを起こすサポートをしてくれるとてもパワフルなエネルギーです。

このヒーリングはあなたの魂の深いところにゆっくりと浸透していき、過去世から抱えてきた部分を癒していきます。
ご自身だけでは癒しきれないところを癒すことで、魂の本来の意識に気付くことに繋がっていくサポートとなります。
またこのヒーリングエネルギーが構築される事によって、抵抗が表れることを考えて勾玉ヒーリングにまるでヴェールを帯びたようなゆっくりと穏やかにその方に馴染むように、アマテラスオオミカミ神の協力のもと構築されるようにスーパーバイザーのもと調整して頂きました。

この勾玉ヒーリングの一番の特徴は、意図してヒーリングするというものではなく、伝授された方のハートから自然に周囲の方に必要な癒しを与えてゆくことができるヒーリングです。
ですからヒーリング方法を訓練する必要性がなく、また意図してヒーリングをする必要性もないため、
ヒーリングを施術する経験がない方でも、受け取った翌日からヒーリングを無意識に開始することができます。

この勾玉ヒーリングは受ければ受けるほど気付きが起こりますので、何度でもお受け頂ける効果の高いヒーリングです。

 

***このヒーリングを受けた方の感想***

・胸がスーッとして心が浄化された様な感じで、すごく晴れやかになった
・心地よくてぐっすり眠れた
・自分の気持ちに変化が表れた
・森林浴をしているような感じがして心地よい
・抱いている悩みを持っていて、モヤモヤとしていたのがスッキリした感じがする
・霧が晴れたような感じでスッキリした
・溜まっている疲れがスッキリした

 

 

***勾玉ヒーリング***

・完全遠隔で行いますので、お受け取りの日時を指定して頂けることが可能です。
・お受け取り開始と共に、2個の勾玉のエネルギーがクラウンチャクラよりゆっくりと降りてきます。ゆっくりと下降し、ハートチャクラや胃のチャクラなど、あなたにとって必要な場所で止まり、そのあと定着します。
・お受け取りの翌日からあなた自身から勾玉ヒーリングが周囲に発せられるようになります。
・一人一人に合わせたオーラと肉体の調整を行いますので、抵抗感もなくお受け取り頂けます。
・このヒーリングは、あなたが今覚醒することに対して邪魔しているカルマを解消する、パワフルなヒーリングです。
・他者へのヒーリングについては、意図して行う必要性はありません。無意識にあなたの周囲に対してヒーリングエネルギーを発するようになります。
・あなた自身が、あなたの周囲の他者へ癒しのサポートをする存在へとなります。
・こちらのコースをお申込み頂いた希望の日で、最低でも15分間はエネルギーを感じて頂くことをおススメしております。
・フィードバックメールはございません。
・有料コース・・・30分 5000円
☆このヒーリングを体験してみたいとご希望の方は、『TAKAKOのレスキュー駆け込み場』の無料ヒーリングをお申込み下さい。
http://heart-of-thedoor.namaste.jp/?page_id=821

 

***こんな方におススメです***
・より深い勾玉ヒーリングを受けたい方
・今の自分に気付きを起こして変化したい方
・自分の進む方向性を見つめて気付きたい方
・今手放せるカルマを解消したい方
・日本神界のエネルギーに触れてみたい方

 

 

***伝授者コース***

・こちらのコースは、伝授者となり、この勾玉ヒーリングを伝授してゆくことができるコースとなります。
・伝授者は、調整して他者に勾玉ヒーリングを伝授してゆく必要性があるため、リーブスで学ばれた方でリーブルサイキックサージャリー又はプレミアム版サイキックサージャリー又は新サイキックサージャリーを習得されていらっしゃる方が条件となります。
・こちらのコースは、準備ワークが1日必要となります。
・当日遠隔でのセッションにて、伝授についての指導説明付となっています。
・電話での遠隔セッションをご希望の方は、通話料のご負担をよろしくお願い致します。
・伝授者コース(電話又はSkype)・・・25分 30000円

 

***こんな方にオススメです***
・勾玉ヒーリングを沢山の方に伝授していきたい方
・ライトワーカーの方
・日本神界のワークを取り入れていきたい方
・覚醒のための今手放せるカルマの解消を自身のワークの中にも取り入れていきたい方
・ヒーラーとして活動されていらっしゃる方

 

 

***お申込み***
・お申込みはお問い合わせフォームよりお申込み下さい。
http://heart-of-thedoor.namaste.jp/?page_id=32
お申込みメニュー:『勾玉ヒーリング有料コース』
『勾玉ヒーリング伝授者コース』

1.氏名(ふりがな)
2.生年月日
3.住所(最後までお知らせください)
4.電話・Skypeの選択(番号・SkypeIDもお知らせ下さい)
5.
・勾玉ヒーリングお受け取りご希望日時を明記して下さい。
・伝授をご希望の方は、伝授セッション希望日時を第3希望まで明記してください。

 

 

***ご注意***
・メールブロックを設定されていらっしゃる方は、解除をよろしくお願いします。
・メールを頂きましたら、申し込み頂けたことを返信させて頂きますが、
もし、1週間経っても返信が来ない場合は、ブロックなどの理由等が考えられますので、恐れ入りますが再度メール下さいますよう宜しくお願いします。
・学生の方、未成年者の方、妊娠中の方は基本的にお受けできません。
・精神的疾病で現在投薬を受けている方、または、通院はしていないけれども精神的に不安定だという自覚がある方につきましては、講習会、ワークショップ、セッション等をお受けできませんのでどうぞご了承ください。
・個人情報に関しましては、プライバシーポリシーの規約に準じます。
・錬金術を使ったワークは、キャンセル出来ませんのでご了承の上お申し込みください。
・またキャンセルに関しましても規約をお読み下さい。
・お申込みいただいた場合は、上記内容に同意したものとして取り扱わせていただきます。プライバシーポリシー・キャンセルポリシー
http://heart-of-thedoor.namaste.jp/?page_id=281
http://heart-of-thedoor.namaste.jp/?page_id=131

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>