~heart-of-the-door~

感情解放ヒーリングセッション

***感情解放ヒーリングセッション***

NOU87_hanekaerumizutama500

人には様々な感情があります。
喜び・悲しみ・怒り・諦め・驚き・嫌悪・恐怖などがあります。
その中でも、怒りのエネルギーは生命エネルギーとも、一部では呼ばれています。
怒りの感情を持つことは、決して悪いことではありません。
ですが、怒りの感情のエネルギーの消化の方法に持て余してしまったり、どう扱ってよいのかが分からなかったりする方や押さえつけている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

常に感情を抑えることが多いといわれている日本人は、抑えることが美徳とも言われていましたが今では

自分の感情を出してしまうことで、人に嫌われてしまう・・・
自分の思いをいうことで場の雰囲気が乱れるのではないか・・・

などといった周囲の目線などの恐れから抑えてしまっている方が多い傾向にあるようです。
大切なのは周囲への目線ではなく、自分への目線に換えていくことが今必要ではないでしょうか。

このセッションは、気功鍼や感情を解放するヒーリングエネルギーを取り入れたセッションとなります。
感情を解放するだけでなく、ご本人様を癒すヒーリングを行うことで、ありのままの自分へと導いてゆきます。

感情を解放してゆくことで今、自分が何を感じ何がしたいのかを見出すきっかけにもなります。
セッションはSkype又は電話での遠隔セッションです。
セッション中は、スピリチュアルカウンセリングテクニックで学んだ、エンパシックでクライアント様とエネルギー的に繋がってヒーリングを常に行いながらすすめていきます。

**こんな方におススメです**

・最近、理由もなくイライラする
・イライラすることはないが、何だか何もやる気がしない
・感情を解放させたいと思う
・このエネルギーワークを受けてみたい感じがする
・この案内分を読んで、急に受けたくなった

**このワークの感想**

・何だかスッと抜けた感じがした
・以前よりも楽になった感じがする
・お腹が熱く感じた
・イライラ感が減った
・体が軽くなったような感じ

**セッションについて**
・セッションは電話又はSkypeでのセッションです。
(電話でのセッションをご希望の方は、恐れ入りますが通話料金のご負担をよろしくお願い致します)
・エンパシックというエネルギー的にクライアント様と繋がる事により、会話をしながらクライアント様の状態を捉えてセッションを行います。
・オーラクレンジング付きです。
・新サイキックプロテクション付きです。
(新サイキックプロテクションは無料範囲でのワークになりますので、プロテクションの効果期間については個人差がございます)
・セッション・・・25分 5000円

***お申し込み***
・お申込みはお問い合わせフォームよりお申込み下さい。
http://heart-of-thedoor.namaste.jp/?page_id=32
・メールブロックを設定されていらっしゃる方は、解除をよろしくお願いします。
1.氏名(ふりがな)
2.生年月日
3.住所(市または町名まで明記して下さい)
4.電話・Skypeの選択(番号・SkypeIDもお知らせ下さい)
5.セッション希望日時第3希望までを明記して下さい

***ご注意***

・メールを頂きましたら、申し込み頂けたことを返信させて頂きますが、
もし、1週間たっても私からの返信が来ない場合は、ブロックなどの理由等が考えられますので、恐れ入りますが再度メール下さいますよう、よろしくお願いします。
・学生の方、未成年者の方、妊娠中の方は基本的にお受けできません。
・精神的疾病で現在投薬を受けている方、または、通院はしていないけれども精神的に不安定だという自覚がある方につきましては、講習会、ワークショップ、セッション等をお受けできませんのでどうぞご了承ください。
・個人情報に関しましては、プライバシーポリシーの規約に準じます。
またキャンセルに関しましても規約をお読み下さい。
・お申込みいただいた場合は、上記内容に同意したものとして取り扱わせていただきます。

プライバシーポリシー・キャンセルポリシー
http://heart-of-thedoor.namaste.jp/?page_id=281
http://heart-of-thedoor.namaste.jp/?page_id=131

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>